blog index
<< 第1回JA東西しらかわ組合長杯中学野球大会開催!!初代王座に矢吹中!! | main | 第3回JA東西しらかわ年金友の会 ゴルフ大会開催(10/06/09) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
トマトの栽培 〜NO.5〜

 トマトの原産地は南米のペルーやエクアドルの高原地帯です。それが先住民族インディオの移動でメキシコや中米地域へ伝播しました。今でもこの地帯の野生種から耐病性品種や高糖度品種の素材が求められています。
 トマトは、ビタミンA、Cが豊富なほか、ビタミンH、Pといったビタミン類を多く含んでいます。ビタミンH、Pはあまり聞き慣れないビタミンですが、お互いの相乗効果を発揮し、細胞と細胞をつなぐコラーゲンを作ったり血管を丈夫にしたりと、重要な役割を果たしてくれています。
 ここでは、苗を購入した場合の栽培法について説明します。

栽培のポイント


○土づくり
 トマトは根を深く張るので、畑は深めに耕しておくことが大切です。トマト作りの土作りは種まきの7〜10日前に済ませておきます。深く耕し、元肥をたっぷり施しておくことが大切です。
1屬△燭蠕亞150ml、配合肥料200mlを前面にまき、よく耕します。ベッドの幅は70cmとし、中央に深さ30cm以上の溝を掘ります。その溝にさらに元肥を施し、埋め戻して高さ10cmのベッドをつくります。元肥は溝1mあたり配合肥料250ml、堆肥3l、熔リン30ml。
ビニールマルチを敷き、条間45cm、株間50cm間隔で植え穴を開けておきます。

 

○支柱立て
支柱はトマトの苗を植えつける前に立てても、苗を植えつけてから立ててもどちらでもかまいません。長さ2.4mほどの支柱を植え穴のわきに斜めに立て、上部で交差させて合掌式に組みます。上部と両側中程に支柱を水平に差し渡し、それぞれの交差部分をヒモでしっかりと縛ります。実がなってくると重たくなるので、頑丈に作りましょう。


○植え付け
 植え付けは平均気温15℃以上で、晴天無風の日を選んで植え付けましょう。
トマトの花はどの節も同じ方向に咲く性質があるので、花房を通路側に向けて植えると収穫のときに楽になります。支柱にヒモで結わえ、水をたっぷり与えます。支柱を立てていない場合は、仮支柱を立てて結わえておきます。


○管理、収穫

 根がしっかりと根付いたら、仮支柱を取り、本支柱を立てる。わき芽は小さいうちにこまめに取り除く。伸びた主枝は順次30cm程度の間隔で支柱に結んでいきます。支柱の高さまで伸びたら摘芯(茎や枝の頂上の成長点である芽を摘み取ること)し、主枝の成長を止めます。

 生育のぐあいや天候の影響で、せっかく咲いた花が落ちることがあります。落ち花を防ぎ、確実に実を着けさせるために、着果ホルモン剤(トマトトーンなど)を3〜4個咲いた花房全体に霧吹きで1〜2回吹きかけます。葉などにかからないように、手でガードしながら行います。
ホルモン剤を何度もかけると障害が出るので、一度処理した花房にふたたび散布しないように印をつけておきましょう。
 1段めの実がピンポン球くらいになったら、1回めの追肥をします。ベッドの長さ1m当たり化成肥料100mlをマルチの両側にまいて土と軽く混ぜる。
以後、収穫を終えるまで2週間置きに同量を追肥します。
 開花後50〜60日が収穫適期です。真っ赤に熟れたものから順次収穫します。


○参考

品  種:桃太郎

肥  料:完熟堆肥・ミネグリーン・ルートファイターZ・IB604・苦土重焼燐・珪酸加里・
            まんてん7・トミー液肥(ブラック)

病害虫対策
 定植時:アドマイヤー1粒剤(アブラムシ類・オンシツコナジラミ)1〜2g/株
 生育期間:
    灰色カビ病・・・フルピカフロアブル
              ゲッター水和剤
   葉カビ病・・・ダコニール1000
              トリフミン水和剤
   疫    病・・・オーソサイド水和剤80
   アブラムシ類・・・サンヨール
              モスピラン水溶剤
              スタークル粒剤(定植時)

| touzai7 | 営農ナビ(食材レシピ) | 09:19 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:19 | - | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

bolg index このページの先頭へ